きらめきの彼方へ

NEWSがいつまでも幸せでありますように

泣けるほど愛しい4人の話

連続ドキュメンタリーRIDE ON TIMEを観ました。
3週にわたってのNEWSの特集。とても貴重な姿がたくさん観られて感謝しかありませんでした。何度でも言います。ありがとう、きっかけはフジテレビ(このキャッチコピー好きすぎて良く使うやつ)


いつものごとく語彙力が皆無なので、好き!かっこいい!可愛い!ありがとう!うぇ~ん(涙)という情緒不安定さを発揮しながら観ました。最終的には「とにかくNEWSが好き!!」に落ち着いたのですが何とも幼稚な感想なんだってことはこの際置いておきましょう。だって、うまく感想を言葉にできないけれど、今とてつもなくNEWSへの好きが溢れております。もうそれだけで十分じゃない??(投げやり)



ドキュメンタリーっていう性質上?普段は見られないような表情も見られて、4人それぞれの性格がよく伝わってきて楽しかったです。
ファンの前で息があがるのはダサいから今あるセトリがキツいならこれから走りこむっていう手越くんのかっこよさを追求するストイックさがかっこいいし、気付かないような細かい部分にまでこだわって衣装を作り上げる増田さんがかっこいいし、自分のやってる仕事の7割はメンバーに伝わってないってボヤきつつも好きでやってるってサラッと言っちゃうシゲアキさんがかっこいいし、メンバーの議論を見守っていると表現される小山さんがかっこよかった。そう、4人ともそれぞれかっこよかった。


グッズの打ち合わせ風景も見られました。EPCOTIA ENCOREのツアーバックの色とか形とか元々お気にいりだったんだけど、ロゴを見せたくなければ裏にして使えるとか使い勝手みたいなことも考えて作ってくれているとわかってますます愛着わきました。もっと買えばよかったなぁ。お金が空から降ってくればいいのに(無理)


井ノ原くんと小山さんの対談も嬉しかったです。井ノ原くんが雑誌で言ってたことを参考にしてMCをうまく回せるようになった小山さんが素敵だなぁと思ったし、人の助言とかもすぐ受け入れられる小山さんの素直さが好きです*1。全然関係ないけどNEWSにはV6のような年の重ね方をしてほしいと思ってる。そう、メンバー同士のわちゃわちゃはいつまでも続けてほしい(悟りの表情)



それから気になったのは「覚悟」という言葉。これがよく使われているような気がした。実際にはそうでもなかったかもしれないけど、自分の中でこの言葉がとても重みを持っていて。
覚悟ってなんだろう。これからも自分のプライベートを犠牲にしてアイドルとして生きていく覚悟?どれだけ叩かれてもファンのために歌い続ける覚悟?
私はアイドルでもなんでも自分の好きなように楽しく生きてほしいと思ってしまう人間だから、そんな腹をくくったようなこと言わなくていいのにって思ってた。何なら、「あなたの人生はあなたのものだよ」って私の頭の中に石原さとみちゃんボイスが響きわたってるよ?(アンナチュラル好きでした)

でもそんなのは理想でしかなくて。誰かのためになんて考えなくていいよと思う反面「誰かのために生きたって君は君だよ」って*2伝えたいなんて身勝手にも思ってしまったりもする。だって実際アイドル辞めるなんて言われたら絶対泣くしそんなこと想像すらしたくないしきっと生涯引きずるレベルだし。これ書いてる間に嵐さんの活動休止のお知らせ飛び込んできていつでも辞めようと思えば辞められるんだなって現実つきつけられてまた切なくなってるし。永遠なんてないし応援できることは当たり前じゃないと頭ではわかってるけど、辞めないでほしいとも思ってしまう。それは完全なるわたしのワガママ。でも小山さんには幸せでいてほしいし笑っていてほしい。ああなんというジレンマ。だからこそ小山さんがアイドルとして歌って踊ることを楽しいと思っているのか、辞めないでいてくれるほどの理由があるのか、それがいつも気がかりだった。こちらが求めることで苦しめてしまっているのだったら、重荷になっているのだったら、考えるだけで耐えられなくなるから。



今回の密着の最後にスタッフさんが小山さんとシゲアキさんに聞いてくれた質問。「アイドルの仕事は楽しいですか?」

「それは好きですよ」と答えた小山さん。「好きじゃなきゃやれない」というシゲアキさん。
f:id:onikyms:20190127005343j:plain


「アイドルをこれからもやっていくか」との問いには、「もちろん」と。
f:id:onikyms:20190127005324j:plain


もうここで涙腺崩壊ですよ。そりゃあ表向きな回答かもしれないし無理して言ってるかもしれない。自分にとって都合よく解釈したいだけということもわかってる。でもさ、「好き」だと優しい表情で言ってくれた。それがわたしにとってはとても救いだったよ。本人から発せられた言葉がすべて。裏でどんな風に言ってたって構わない。見せてくれるものを受け入れるだけだから。ただ単純に、アイドルでいてくれてありがとうって思いしか生まれなかった。

「楽しい」じゃなくて、「好き」。華々しく見える世界だからこそ楽しいだけじゃないのはわかるし、大変なことも理不尽なこともきっとたくさんあって、それでも裏の事情は見せずにアイドルとして笑顔を振りまいてくれる。その姿にどれだけ元気や幸せをもらったかわからない。もうさ、アイドルってほんとSmile Makerじゃん?自分のためじゃなくても誰かのために笑ってくれるの??すき。

これからもアイドルを選んでくれるなら、わたしはこれからもNEWSを、小山さんを応援していく。この部分に、わたしがこれからも応援していく理由が詰まってました。




わたしが小山さんだけじゃなく、他の3人も含めてグループまるっと好きなのには理由があって。それはメンバーみんなからNEWSのことが好きだという気持ちが伝わってくるから。
これ何度でも言うけど、個人仕事についてグループに還元したい、グループを知ってもらうきっかけになったら、と言ってくれる彼らが大好きだし信頼してる。小説を書いたのもグループのためだったというシゲアキさんもそうだし、4人が揃ったときにどう見えるかを大切にして衣装を考えている増田さんの考え方とか、グループへの愛をめちゃくちゃ感じてわたしは嬉しい。何よりもうれしい。
増田さんが衣装を作ることについて、「プロに作ってもらった方がいいのかもしれないけど、愛はのっかってない」って表現した手越くんの言葉がすべてだなぁと思う。小山さんの丈が長めの衣装とかとにかくかっこいいし、メンバーが一番良く見える形のものを作ってくれるんだもん。好きじゃなきゃできないでしょ。外野がどれだけ想像したところで本当の気持ちなんてわからない。でも。好きじゃなきゃ15年も一緒にいないでしょ(ってなんかオードリーの漫才みたいだな)


全員を好きになれるかどうかはその人の好みの問題になってくるからとやかくは言えない。ただわたしは、このドキュメンタリーを見てますます「4人」でいてくれることに感謝したいと思ったし、これからも「4人」が好きだなぁと思いました。

こんなにも泣けてしまうくらい好きでたまらないっていう感情は初めてだよ!好きでいさせてくれてありがとう。これからもNEWSが大好きです。

さて、アルバムもツアーも楽しみだなぁ!もちろん、ゼロのDVDも忘れてないよ!トップガン*3はシングル化しないかなぁと期待してるし、楽しみなことがいっぱい。こんなにもワクワクできるなんて幸せだね。

*1:まっすーも何かで小山なら注意すればすぐ直るって言ってたよね。うろ覚えだけどたぶんテゴマスのラジオだと思う

*2:V6/HONEY BEAT

*3:テレビ東京ドラマ、よつば銀行 原島浩美がモノ申す!のオープニング曲ですのでぜひ。