きらめきの彼方へ

NEWSがいつまでも幸せでありますように

プレミアムな愛のエレジー

12月度の少年倶楽部プレミアムを見ました。

トークゲストはHey!Say!JUMPさんです。
10周年ということで少年倶楽部の貴重な過去映像が見られたので、うひょ~~と小躍りしてしまいました(おい)

私にとっての少クラといえば、NEWSが出ていた頃(2005年あたり)が全盛期なので、JUMPの皆さんに対しては、「大きくなったねぇぇ~~!」
という謎の目線で見てしまいます。(完全に親戚のおばちゃん)


おこぼれ(?)でNEWSの10年前の様子まで見られました。

f:id:onikyms:20171217170845j:plain

小山さんチャラい...!!

キツネかぶってるとか言われてたけど、私この風貌の小山さん好きになったからね!!今じゃ違和感しかないかもしれないけどこの時もイケメンだったから大丈夫だよ!!(何のフォローだ)


f:id:onikyms:20171217171006j:plain
(照れてるワイプの小山さんもまた可愛い。)

ドラマの役柄とかで、このぐらい髪色明るくしてくれないかなぁなんて思うけど、イメージとかけ離れてるから難しいよね。。

シゲアキさんの金髪時代も見られて、
あれ?NEWSの方がこの10年で印象変わってない??って思ってしまいました。
年齢を重ねて落ち着いたというか(当たり前だけど)、なんだろう、こんな時もあったんだよなぁ、ってしみじみと時の流れを噛みしめてしまいました。
あ、テゴマスの2人は当時の方が髪色落ち着いてるっていうのも面白いところです(笑)


NEWSの15周年記念にも、少年倶楽部の映像をたっぷり見せて欲しいなぁ。よろしくお願いしますねNHKさん!!




さて、今回のメインイベント。

小山さんプロデュースのプレミアムショー

とても期待していました。
手越さん、増田さんのプロデュースを見ている限り、担当となったメンバーが本当にやりたいことを見せてくれているようなので、小山さんはどんな事がやりたいのか知れるんだなぁと思うと嬉しくて。

しかもソロ曲を歌ってくれる。ここ大事。
ライブ以外でソロ曲が見られる機会なんてまず無いからね。

私は何度も言っているように、小山さんの「Love Addiction」が大好きです。今回のテーマが「SEXY」とのことだったのでちょっとだけ期待してましたが残念ながら叶わず。またの機会には是非!!(諦めが悪い)*1



ということで、今回のプレミアムショーを見た感想。



小山さんありがとう!!!



ライブでも披露していない曲を2曲も選んでくれるあたり最高じゃありません??
ファンの見たいものをわかってくれてるリーダー最高!!

贔屓してる訳じゃないんです。選曲も、衣装も、セットも、そして演出も全部好き。
黒ネクタイに革手袋とか大人の色気が凄い。映画風な映像の色合い、シックな雰囲気、どこをとっても好き!!ストーリー仕立てに3曲が繋がっているところも素敵でした。


それぞれのお気にいりシーンをいくつか。


冒頭で女性と踊る小山さん。スタイルが良い。
女性を抱きしめようとしたら他の男性と去って行ってしまう…ってところは一瞬「あれ、ロメオかな??」と思ってしまいました。こういうのが好きなんだねぇ。
f:id:onikyms:20171217171223j:plain
この切ない表情は何ですか…幸せになって欲しい…(何目線)



・Distance

雪が降る中でしっとりと歌うDistance。
恋を知らない君へのカップリング曲で一番気に入っていたので、ライブで見られなくて残念だったんです。(もちろんサマラバのダンスも可愛かったですけどね!!)

大サビの小山さん手越さんパート。

生まれ変われるなら逢いに行こう 君がどこにいても見つけ出すよ

小山さんが歌うちょっと重ための(生まれ変わっても君を探すStarry系)歌詞が好きなので聴けたことに感謝しました。ありがとう世界…(重い)


愛のエレジー

Distanceからの流れが最高すぎません??
他の3人が先に劇場に入って行って、残る小山さん。イントロが流れ、歌い始める小山さん。この時点で倒れるかと思った(かっこよすぎて)

f:id:onikyms:20171217171336j:plain
この切ない表情はなんですか…以下略。

ライブとはまた違った色気を放っていました。和服も好きですが、ピシッと決まったスーツ姿も素敵です!!


一番の見どころ。
「あなたを死ぬまで愛したい」
f:id:onikyms:20171217171737j:plain

はい、これそっくりそのままあなたに返しますね。
皆さん思いましたよね??
私たぶん死ぬまで小山担です(激重)


歌い始める寸前の表情。
f:id:onikyms:20171217171847j:plain

これほんとに個人的な好みでしかないんですが、歌い始める前のちょっとだけ口が開いたところが好きなんです!!伝わらないかもしれないけど!!



バックダンサーとしてぬるっと現れた3人。

!!!???

小山さんのソロ曲を4人で踊ってる…!!世界が輝いて見える……(目をこすりながら)

f:id:onikyms:20171217171939j:plain
f:id:onikyms:20171217172004j:plain
f:id:onikyms:20171217172030j:plain

真顔で踊る3人を真顔で見る私。既に息が止まりかけてます。


マイクスタンドを倒す小山さん。
f:id:onikyms:20171217172116j:plain

ここ!!最高に好きな表情してる!!



・Sweet Martini

最後にファンリクエスト1位の曲を持ってきてくれるあたり、あぁ、この人好きになれて良かったなぁって実感しました(大げさ)


「Oh girl」の後の「ハッ」ていう小山さん。
f:id:onikyms:20171217172503j:plain

ここ皆好きだと思う!!目つきが好き!!


ハットの演出。
f:id:onikyms:20171217172930j:plain
f:id:onikyms:20171217173011j:plain

このハットで隠しての演出がドストライクなので、私言いましたっけ??小山さん何でこれ好きって知ってるの!?って動揺したのは言うまでもありません(※ハットは万人受けしますよね)





web連載、KEIICHIROで教えてくれました。
メンバーがかっこよく見えるように、ファンに喜んでもらえるように、考えてくれたって。
雪を降らせたいとかハットをかぶりたいとか、自分の希望を伝えつつも、自分のことだけじゃなくて、メンバーや「他の3人のファン」にも喜んでもらいたい、って。そういうところがやっぱり小山さんだなぁ。もっと自分のこと優先してくれても良いのに。
でも、小山さんのそういうところが尊敬出来るし、大好きです。雑誌でも言っていた「メンバーが楽しく仕事してくれれば幸せ」って言葉が胸に刺さってます。それに加えてファンのことを考えてくれる。しかも自分以外のファンにも楽しんでもらいたいって。周りに気を配れる小山さんだからこそ、そんなことが言えるんだろうなぁ。だからこんなにも、ついていきたいって思えるんですね。
シゲが「チュベローズで待ってる」の発売イベントで小山さんがホストに向いてる、みたいなこと言っていたらしいけど、本当にそうだと思う。
キツネかぶってる(おい)ときは見た目ホストだったけど、中身は永遠のホストだよ(良い意味で)。天性の人たらしですね(もちろん良い意味で!!)

でも、これからも小山さんの頭にあることとか、見せたいものとかが見たいから、自分のやりたいことをやって欲しい!!小山さんが楽しそうならそれだけでファンはハッピーだよ~~!!




・・・・・・・・・

今回のことを言うわけではないけれど、最近色々な意見を見て、可愛い可愛い言ってるだけでいいのかなぁなんて悩んでしまったりもしました。結構流されやすい性格なので。
だけど私は音楽の知識はほとんどないし、語彙力もないから語ることなんて出来ない。音程だとか、ダンスだとか、評価できるほどの色んなものを見てきてない。もっとこうして欲しい、こうした方が売れる、そういった意見があるのはもっともだし、人によって好みが違うこともわかってる。本人たちが楽しそうならいい、自分は好きだからいい、ってだけでは商売として成り立たない、これからの活動を見たいなら売れないといけない、というのもわかってるつもりです。
それでも私はやっぱりNEWSとして見せてくれるものに対して、好きって感情でしか語れなくて。だって何がヒットするかなんてわかんないし。たまに「ん??」って戸惑うこともあるけど(あるのかよ)、それでも好きが勝ってしまうんだよなぁ。
だからいいよね、人と意見が違っても好きなものを好きだと言って。自分の感情に間違いなんてないよね。


・・・・・・・・・

ちょっと話が逸れましたが、素敵なプレミアムショーでした。次はきっとシゲアキさんプロデュースだね!どんな曲をどんな風に見せてくれるのかな。
こんなにワクワク出来る機会をくださる少年倶楽部プレミアム様に感謝して。。

来年も楽しみにしています!!




Never Ending Wonderful Story【通常仕様】 [DVD]

Never Ending Wonderful Story【通常仕様】 [DVD]

*1:気になる方はNEWSのDVD「Never Ending Wonderful Story」を見てね。