きらめきの彼方へ

NEWSがいつまでも幸せでありますように

ピングレの世界

ピンクとグレー感想※ネタバレしない程度に…

公開初日に舞台挨拶含み見てきました!残念ながらシゲのトークショーにご縁はなかったけれど、中島くん、菅田くんというすばらしい役者様を拝めて感動。
終始、菅田くんは中島くんの父親というキャラ設定で見守っていたのが実に微笑ましい。
そして、最後の挨拶「短い時間でしたけど、菅田将暉です」に笑いました。わかってるよ!!
…いや、挨拶前に名前言おうとしただけだろうけどさ。菅田くん可愛いわ。

上映後の舞台挨拶だったのでネタバレなしには詳しく書けないのが痛いけど仕方ない。

というわけで、本編について。

正直に言ってしまうと、原作を読んでいれば62分後の衝撃は予想できてしまうと思う。実際私も、こうだろうなと思っていた通りだった。
ただ、その衝撃を超えてきた後半の展開。そうきたか!監督すごい。そればっかり。
原作で描かれていない部分を掘り下げているようで、とてもハラハラドキドキでした。
芸能界ってこうなのか(ノдヽ)と思ってしまうとは、作り手の思うつぼなんだろうなー。(単純すぎる自分)
これをアイドルであるシゲが書いたというのが凄い!…と知り合いに言われて誇らしかったよ(何様だよごめんなさい)

中島くん頑張ってた。本物の役者だった。野ブタの時の可愛い弟役の印象しかなかったけど、考え改めます。本当申し訳ない。

菅田くんは、シゲもどこかで言ってたけど、本当に性格悪いんじゃないか?と思わせるほど演技が上手いというか、迫力が凄かった。

作品自体はR指定入ってないのが不思議な気がしたけど、そこは監督のこだわりとのことで、ギリギリのラインだったのかなー。

2時間弱におさめるには全部盛り込めないのは仕方ないけど、カットされてて悲しいなーって思う部分も若干あったり。
そっちに力入れちゃうかー!みたいな。
正直、個人的には残念なとこもあったけど、これが「映画版ピンクとグレー」なのかと納得したり。

これはネタバレなしで観られてよかったと本当に思う。
原作読み直してからもう1度観に行きます。