きらめきの彼方へ

NEWSがいつまでも幸せでありますように

少年倶楽部プレミアムを見てNEWSの15年に思いを馳せたという話

だいぶ遅くなってしまいましたが、、
結成15周年おめでとうございます!!!!
15年間、NEWSとして輝き続けてくれてありがとう。これからも走り続けてください!!



さて、突然ですがわたし、皆さんのNEWSとの出会いとか好きになったきっかけとかを知るのが好きなんです。
だって、嫌いになった話とか担降りの話とかより絶対楽しいもん。だからじゃんじゃん語って欲しい(誰だよ)
あの日あの時のあの番組を見てNEWSを好きになった!って話を聞いたりブログを見ると心がほっこりしてニヤけるし、
うんうん、わかる~!良かったよねあれ♡って勝手に共感して嬉しくなるのはわたしだけじゃないはず!
同時に、羨ましいなぁって気持ちも強くて。わたし、自分のNEWS記念日(?)がはっきりとわからないからさ!

NEWSを知った時、電流が走ったようなんて形容出来る劇的な出会いじゃなくて。テレビが先か、雑誌が先か、それすら覚えてないくらい。
でも、『希望~Yell~』という曲を好きになって、目に留まったのが小山さんだった。
正直言うと、最初は小山さんと内くんがごっちゃになってて(ごめん)。今にして思えば何でだよ?!って感じだし全方向に謝罪入れたいくらいなんだけど、まぁ2人とも好きだったし今も好きだよって話(丸くおさめようとする)。
まぁそれは置いておいて、とにかく「うたばん」で確実に小山さんだって認識した覚えがある。

ハッキリ覚えていることと言ったら、2005年7月に放送された少年倶楽部、テーマが『チェリッシュ』の回がとてつもなく好きだったということ。
この話すると長くなるけど大丈夫??あれは少クラ史上歴代1位の回だと言ってもいい@個人調べ
何か手段があったらぜひ見てください。わたしが全力で喜びます!!(知らんがな)

笑えないくらい記憶力ないし年々薄れていくから、わたし記憶書き換えたか??って思うこととか、思い出を美化しているような感覚に陥ることもあるんだけども、やっぱりわたしにとって、この時の8人が原点だし、この思いはこれから先どれだけNEWSを好きになっても変わらない事実で。
だからさ、たまに過去を振り返ってしまいたくなるし(やまぴが一番緊張したのがデビュー会見って話してて*1うわぁぁん(泣)ってなったのは最近の話)また並んだ姿を見たいとか思ってしまうこともあるけれど、まぁそれも笑って話せるくらいになったってことで大目に見てください(笑)。積み重ねた過去があってかけがえのない現在になってるんだもんね。Strawberryの歌詞グッとくる…!


まぁその後いろいろあって(ザックリ)、私にとって初めてのライブは6人での復活…通称ネバエンになりました。
しかもそれが自分の誕生日付近だったからもうとてつもなく嬉しかったことを覚えてる。初めて小山さんのうちわを買って、自分の目に映るNEWSに、感動したんだよなぁ。
それから熱が他の物に向いてしまったりライブに行けなかったりという時期を経て、今確実にNEWSが一番好きと言えるくらいのところに落ち着きましたとさ。めでたしめでたし。

NEWSが好きって言うと、「ジャニーズ好きなんて意外」「特定の人を応援するとか無さそうなのに」って言われることもある(いや、どんだけ冷めた人間に見えるのw)。確かに興味ないものにはとことん興味ないし、飽きっぽいところもあるわたしが程度の差はあれど人生の約半分、好きでいられた事にはご縁を感じます。意味あって必然、かな?(ねぇ、Strawberryの歌詞良すぎません??)(しつこい)
こんなに好きでいさせてくれてありがとう。これからもよろしくお願いします!



さて、そんな15周年を迎えたNEWS。ザ少年倶楽部プレミアムではありがたい企画をしてくれました!!少プレさまには感謝しかないです。これからもよろしくお願いしますーー(土下座)


まず声を大にして言いたいこと。

Private Hearts』ぜひやって!!

手越さん、NEVERLANDの時だかコヤシゲいじりにプライベートハーツとかKKKityとか言ってたし、好きなのかな(嬉しい)。

年表企画は、短い時間ながらも今までのNEWSを振り返ることが出来てとても楽しかった!

ところで話変わるけど小山さんの指キレイすぎない??
f:id:onikyms:20180924172651j:plain
ここ。話入ってこなかったわ。

それから、『SUMMER TIME』のとき骨折してたとか知らないし…!って思った矢先のコヤマスエピソード。
f:id:onikyms:20180924173008j:plain
めっちゃかっこよかったって言う小山さんの嬉しそうな表情よ…。コヤマス…!!


そして、27曲もの豪華メドレー。これがもうめちゃめちゃ嬉しくて。シングル大好きなんですもん。気付いたら涙が流れていた自分にはびっくり(えぇ、今日も情緒不安定です)

27曲それぞれに思い出があって、あぁ15年か、、ってしみじみしました。


希望~Yell~は、NEWSを好きになったきっかけの大切な曲で、受験の時に何十回と聞いた。NEWSで確実に一番聞いてる。
紅く燃ゆる太陽は、当時セリフがある楽曲に慣れていなかったから何故か気恥ずかしくて笑った。
チェリッシュの歌詞にある「屈託のない」ってどういう意味なんだろって辞書で調べた(当時の私は言葉を知らなかった汗)。
TEPPENは、初回盤のジャケット*2が大好きで一時期机に飾ったなぁ。
サヤエンドウは、最初ラジオで聞いたとき「サヤエンドウ??」ってビックリした。『ONE PIECE』の映画も観に行ったよ。
裸足のシンデレラボーイは、ライブで「ドーン!」ってやるのが楽しくて大好き。
星をめざしては、「みんないるかい?」に「いるよ~~(泣)」って泣いた(笑)。
weeeekは、何系でもないRUSS-Kだし。
太陽のナミダは「クロサギ…」ってなるくらいクロサギ出た時の小山さんがほんと好き。※しかしこの曲は映画。
SUMMER TIMEは、MVも振り付けも大好き。
Happy Birthdayは、HAPPY BATH DAYで、無駄に薬局行ってPOP眺めてたという黒歴史(笑)。
恋のABOの小山さんがめっちゃチャラくて好きだし、美恋で「YOU達、お待たせ!」って言ってくれたのいつでも思い出せる。
さくらガールは、どうしてもMVで亮ちゃんがビンタされてる印象が強くって…。
Fighting Manは、ずっと私のチカラウタ。
チャンカパーナというタイトルを初めて見た時「ふざけてる??」って衝撃受けたけど今や大切な曲。
WORLD QUESTの歌詞が好きだし、「繋げ」で腕を前に出す振りが好き。
ポコポンペコーリャは、シゲが出演したドラマ。
ONE-for the win-のメイキングでハヤシライスをカレーの仲間だと思ってたという小山さんのインパクトね(笑)。
KAGUYAのPVは美しすぎてえろすぎて、最初直視できなかった(照)。
チュムチュムを歌うときは小山さんの「チュム」見逃さないようにいつも必死。
四銃士は、大好きな金田一のアニメOPに決まったと、小山さんの舞台を初観劇の記念すべき日に知ったんだ。
ヒカリノシズクは、ドラマ「傘を持たない蟻たちは」で桐山蓮くんとシゲの共演がとても嬉しかった。
Touchは、ニッセンさんのCMが神がかっていて震えた。
恋を知らない君へは、時かけ~!!ってなると同時にスペシャルパケがかさばって置き場に困っている現在進行形の問題があったり。
EMMAを初披露した時は振付がちょっと…って思ったのに今では大好き。
LPSは、15周年突入でNEWSICALを企画してくださったフジテレビ様に感謝した。
BLUEは、タオル回すのが楽しい!!早くまた振り回したい!!


可愛い曲もカッコイイ曲も楽しい曲もしっとりした曲も、いろんな曲があって全部大好きだ~~!!
そして、デビューシングル「NEWSニッポン」も、最新シングル「生きろ」も、大好きな曲たちです。

これからもたくさんの人に愛される楽曲に出会えますように!

改めて、15周年おめでとう

*1:少年倶楽部9月放送分

*2:円陣を下から撮った姿

Strawberry~15周年おめでとう

2018年8月12日。
ありがたいことに、NEWS 15th Anniversary LIVE 2018 Strawberry に参加させて頂きました。

チケットが外れてしまい途方に暮れていたところにお声がけ頂き、奇跡的にNEWSの15周年をお祝い出来たこと、とても感謝しています。


15周年記念ライブ。
最初から最後まで、私が会いたかったNEWSがそこにいました。
メンバー同士ハイタッチしたりハグしたり、とっても楽しそうにニコニコ笑っていて。ライブを楽しんでいることが見ている方にまで伝わってきて、それだけでこんなにも暖かい気持ちになれて、自分でもびっくりするくらい幸せな空間でした。

私はね、NEWSに幸せでいてほしいんですよ。だって好きな人の辛そうな顔なんて見たくないじゃないですか?違います??
笑っているNEWSに会いたかったし、これからだって笑顔が見たいんです。今までたくさんの幸せをもらえたのも、幸せそうな姿を見せてくれたからだと思う。
ファンにありがとう、って何度も伝えてくれるけど、ありがとうを伝えたいのはこっちだよ。それこそ何万回言ったって足りないくらい。悲しいとき、辛いとき、色々な時にNEWSの曲に支えられてきたから。

正直言うと、ここのところ色々ありすぎて不安だった。それはもう、こちら側のメンタルまでズタズタにやられるくらいだからメンバーは大丈夫なのかな、NEWSとしての活動が辛くなったりしてないかな、って不安だった。
だけど、弾けるような笑顔が見られて、不安がってた自分がバカみたいに思えた。あぁ楽しそうだ、良かった、って安心したの。


15年前の自分へメッセージを送るVTRがありました。そこでの増田さんに泣かされたこと、たぶんこの先もずっと、忘れません。

「拝啓15年前の僕へ。今、幸せだよ。」

泣かない訳なくない?
本人が幸せだと言ってくれること以上に嬉しいことなんて無い。


そして、ビビットでの小山さん。

「幸せな1日でした」
f:id:onikyms:20180814000522j:plain

幸せだったんだって。こんなに嬉しいこと無いよ。
もうこれは拗らせちゃうやつだよ~(泣)

今、私の脳内には四銃士が流れてます。
♪その笑顔守りたい たとえ何が起きようと
守るなんてそんな大それたこと出来ないけども、ついそんな気持ちに…(真顔)
そうだ、初日は歌ったそうですね、四銃士。ぐすん。。



さて、またも重くなってしまいましたので気をとりなおして。

NEWS15周年の歴史を彩るように、過去の映像が散りばめられていたことにも感動しました。

まずオープニング。歴代のシングルMVの映像がちょっとずつ流れました。
もうこの段階で、好きになった時の純粋な気持ちを思い出して色々な感情が溢れました。それこそ走馬灯のように(笑)。



今度のバレーボールはNEWSっていうグループなんだ。この中ならこの人が良いかな。あれ、チャラくてかっこいいなぁ。小山さんって言うんだ。うわぁ、声が好き!!


とまぁ、こんな具合に小山さんに転がり落ちていったのですが(おっと私の心の声にお付き合いさせてしまいすみません)、
NEWSを好きになれて良かったなぁって改めて思いました。
この15年、色々ありました。NEWSにも、自分にも。
活動を追えてない時期もあってCD買うくらいしか出来てなかったから、どうしてあの時あのライブや舞台に行けなかったんだろうなんて後悔することはあるけれど、好きになったことは後悔したことないよ。それはきっと、これからも。
あんまり上から目線なこと言いたくないけど今回は言っておきましょう。あの時小山さんを好きになったことは間違ってなかった。
拝啓、14年前の自分へ。「グッジョブ!!」



Shareを「美しい恋にするよ」の映像バックに、メンバーカラーの衣裳で歌ってくれたんです。
4年前からこの構成(メンバーカラーの衣装のこと)を考えてたなんて増田さん天才ですか?!尊敬の眼差し。
そしてあの時と同じように4人が寄り添っているのを見ただけで涙腺がやられたのは言うまでもありませんね。美恋では泣いてしまって途中歌えなくなっていた増田さんが今回は歌いきってたの感動。コヤマスが愛しい。。。



もうね、たくさん素敵なところがあったのだけど表しきれないからお気にいりをいくつか。自分のメモ用なので思い出した順に書きます。そしてわたくし小山担ゆえに小山さんばっかりになってます(全体を見られる視野が欲しい)。


・小山さんの「晴れたぞ、青空ー!」は残念ながら聞けなかったけど、「曇りだー!」が聞けたのでプラマイゼロ。

・「NEWSに会いたかったですかー!?」など、小山さんの煽りが聞けてとても嬉しい。

・手が震える小山さんに「大丈夫だよ」と握手してくれる手越さんに胸が苦しくなった。心強いね。

・小山さんの「チュムゥ!」と「You達、何型?」
これ見逃さないように双眼鏡でロックオンしてた。あと、恋のABOといえば「うりゃほい」出来たの楽しかった。

・サマタイ大好き芸人です
まさにバッキューンされてハートドッキュン(は?)ここのコヤシゲラップ大好き。あと顔の前で手を広げる振付けがはちゃめちゃに可愛い。

・テゴマスの青いベンチ
これも歴史だと言うNEWSが最高です。ハモりが綺麗(感想が幼稚ですまぬ)。あわよくばまたコヤシゲにも会えたらいいな。

エンドレスサマー大好き芸人です
4人がくっついて座ってるだけで泣ける(情緒不安定)

・夜よ踊れ
コヤマスが向き合って歌ってたんです。これはコヤマス担やられましたよ。伝わって…!
シゲアキさんの台詞には痺れました。自分だけかもしれないけど、歓声にかき消されて良く聞こえなかったのがもったいない。

・夜よ踊れからのJUMP AROUND
小山さんの低音が大好き…!!

・紅く燃ゆる太陽の小山さん下ハモが鳥肌立つほどかっこよかった。あと手越さんの「消えないぞー!!」に震える。紅く~は台詞部分含めて好き。ダンスも好き。要するにこの曲が好き。

・BLACK FIREで髪をかきあげる小山さん。
また見られたの泣いた。ヘドバンの具合とか、小山さんめちゃめちゃロックだぜ(とロックを通ったことないやつが言ってみる)。

・NEWSニッポンはやっぱり大事なデビュー曲。15年前の自分へのメッセージからのこの曲は泣く。

・渚のお姉サマー
振付けがめっちゃ可愛いのでがっつり踊ってるところを見られて良かった。これも小山さんロックオン(そればっかり)

・小山さんの「いーまー SHOCK ME」
これ後ろに仰け反って立ってるのしんどくなるくらい(冗談じゃなく)イケメンだった。

・怒涛の?シングルメドレー
いちばん大好きな曲、Fighting Manが聴けたことがとっても嬉しかった。希望~Yell~とかチェリッシュとか裸足のシンデレラボーイとかサヤエンドウとかC&Rとか振付けガッツリ出来るからライブって楽しいよね…!!
あと、さくらガールで増田さんが手に文字を書く演出も健在で素敵でした。
ただ!私の好きなシングルTOP3に入るTEPPENのセトリ落ちは無念でした。少プレ見ますね。


・「生きろ」
小山さんパート「熱を帯びて強く結びついた絆」の「き」の部分をもうしつこいくらいずーっと大好きだと言っていて、生で聴けて最高です(泣)。
それから2番の歌詞を初めて聞いたのだけど、これがまぁ刺さる。特にサビ前の小山さんパート。まさにNEWSは終わりなき青春だよ。
そして、涙ぐんでた(ように見えた)小山さんを見て泣きそうになりました。あれは反則。。


うーん、語り尽くせないくらいかっこよくて可愛いくて楽しくて楽しそうな素敵な時間でした!!NEWSを好きな気持ちが年々大きくなってくな~。




そして最後に。
ライブでいつも、来られなかったファンのことも気にかけてくれるNEWSが改めて大好きだなぁと思いました。
来たくても家や仕事の都合だったり、チケが当たらなかったり、様々な理由で来られない人もいる。だから、美恋もあの豪雨の秩父宮も10周年も、もちろん今回だって、その空間を共有した人だけにしかわからない事があるとか、そういう風には思わないし思いたくない(もちろん経験したことでわかったことや気を付けようと思ったことだってあるだろうけど)。まぁ、無意識の内にそういう言い方してたら嫌だなぁと思ったので自戒の意味も込めて残しておく。
今回、私自身一緒にお祝い出来たことが奇跡で、ライブに行けることが当たり前じゃないって改めて思い知らされたので。応援していく上で好きになった時期とかライブの参戦回数とか、そういうのを気にしないで皆で楽しくNEWSを盛り上げていけたらいいなぁと改めて思いました。なんて、増田さんの言葉を借り気味な言い方になっちゃった。


これからまだまだイベントもあるみたいなこと言ってたし(ドリフェスのことかな?期待してるよ!)、楽しみだ~~!!もうすでにNEWSに会いたい!!

NEWS結成15周年、本当におめでとうございます。
今までもこれからも、きっとずっと大好きです。

燃え尽きるまで生きていく!

ドラマ「ゼロ一獲千金ゲーム」がついに始まりましたね~。
第1話。ワクワクする展開にグイグイ引き込まれてしまいました。
ストーリーが面白くて、ほぉ~!なるほど!なんて感動しながら見てました。あぁなんて楽しいんだろう!!

そして零先生がとにかくかっこいいし可愛いし惚れた(真顔)
授業を理解出来ない生徒が1人でもいたら授業止めて丁寧にしかもあれほど優しい表情で、
f:id:onikyms:20180716235717j:plain
優しすぎる表情(ここ大事)で、教えてくれる先生いました?いや、いなかったね!実際には塾通ったことないから知らんけど。
こんな先生に勉強を教わりたい人生だったなぁ…。


主題歌がこれまた綺麗なんです。イントロが流れた瞬間、キター!!と叫んだのは言うまでもありませんね。
NEWSの「生きろ」って曲なんですけどね、発売未定でして。シングル化お願いしますJEさん…!


そして最後に満を持して登場した増田さん。なんとシゲと同級生ですって。しかも同じ水泳部だったって!(※演じるキャラクターの設定です)

※PON!で放送されたメイキングより。
f:id:onikyms:20180716235748j:plain

こんな共演が見られる世界がくるなんて…(涙)
ありがとうございます日テレさま。Huluもバッチリ加入しました。
増田さん主演のスピンオフも想像以上に良かったので、まだ見てないというそこのあなたは早く見た方がいいです。増田さんの鬼気迫る演技と凍りつきそうな台詞ともう凄いから!!ネタバレになるから言えないけどラスト凄いから!!(伝わらない)
小山さんと手越さんもこんな風に共演するのかと思うと、想像しただけで嬉しすぎて嗚咽が止まりません。頑張って生きる…!!
日テレさま、これからもどうぞNEWSをよろしくお願いします(マネージャーかよ)



さて話は変わりまして、音楽の日を見ました。

フルスイングと「生きろ」
2曲ともメッセージ性の高い曲で、心に響きました。力強く歌い上げるNEWSの姿はとても清々しかった。

そして何といっても小山さん。
私の大好きな小山さんが詰まってたの!!

この視線なんてかっこよすぎません??
f:id:onikyms:20180716235822j:plain


足でリズム刻んでるのめっちゃかっこいいし。
萌え袖になってるの可愛いし。
そして、自分のパートじゃないところも口ずさんでいる。
f:id:onikyms:20180717000256j:plain
こういうところが好きなんですよね。

最後の決めポーズの角度も。
f:id:onikyms:20180717000332j:plain
丈の長い衣装なことも相まって、スタイルの良さが際立ちますね。かっこいいなぁ。知ってたけど。

あとはいかんせん声が良い。音楽について詳しく知らないから偉そうに言えないけど、安定した歌声に聞き惚れてしまいました。とにかく小山さんの低音が好きなんでね。ありがとうございます。


トークでは、小山さん自身はお話しなかったものの、笑顔が見られたので嬉しかったです。
「やんちゃ」だと表現してくれた中居くん。ありがとうございます。

こやてごちゃんが楽しそうにしてたり、
f:id:onikyms:20180717000410j:plain

なんと、声を出して笑っている姿まで見られて。
f:id:onikyms:20180717000439j:plain

安心しました。少しずつ、取り戻せたらいいなぁ。
幸せそうに笑う顔が見たいだけだから。



歌に入る時も、歌い終わった後も、何度も頭を下げていた小山さん。そんなに謝らなくてもいいのに、って声もあるけれど。
思い出してほしい。小山さんはいつだって、歌い終わった後に真っ先に、そして深くお辞儀してたよ。

もちろん小山さんだけじゃなくて、NEWSみんな、歌い終わった後にお辞儀をする。そういうところが好きなんだ。
頭を下げるのって、反省の意を表す時だけのものじゃない。「ありがとう」って、感謝の気持ちを伝えることも出来る。
もちろん、今のお辞儀には申し訳ないという気持ちが多く込められているのかもしれない。でも、そんなの本人たちにしかわからないわけで。勝手なフィルターを通して見たくないなぁと思いました。

誰のお辞儀が一番長いとか深いとか、そんなのどうでもいいから。
パフォーマンスを見せてくれるNEWSに、かっこいい!と伝える。
ありがとうと言ってくれるなら、こちらこそ素敵なものを見せてくれてありがとうと伝える。
それだけで良くない?私はそれで良い!
燃え尽きるまでNEWSと共に生きてやるんだから。

「生きろ」と言ってくれるから生きるよ。だから生きてね。

今年もMUSIC DAYの季節がやってまいりました。

毎年とても楽しみにしているこの番組。
だけど、今年は怖かった。音楽番組に対してこれほど怖いなんて感情を持ったことはない。
今のNEWSを見られるというのが、嬉しいと同時に不安だった。
今までのように、4人のキラキラした笑顔が見られるのだろうか、って怖かった。


小山さんが復帰した。いや、違う。復帰する道を選んでくれた。
きっと辛い思いもたくさんしただろう。
だって、全てを否定するような言葉たちを見て、私は自分のことじゃないのにとても辛かったもの。
それがもし、自分に対して向けられているものだったら…。考えただけで恐ろしい。
人前に出ることなんて怖くなってしまうかもしれない。
だけど、小山さんはNEWSでいることを選んでくれた。
大丈夫なのだろうか。辛そうな顔をしていたらどうしよう。テレビの前で、そんなことばっかり考えてしまっていた。


でも、NEWSが出てきたら怖いなんて感情は一気に吹き飛んだ。
小山さんの表情は少し硬かったけれど、
見るからに痩せていたけれど、
髪色は暗くなっていたけれど、
それでも、4人がギュッと固まって並んでいるのを見て安心した。
あぁ、この感じ。いつもと同じだ、って。やっと4人揃った今のNEWSが見られた、って嬉しいという感情しか無くなったの。

司会の櫻井くんは、握手してくれるし、羽鳥さんもポンとたたいてくれて、
2人の優しさを感じました。ありがとうございます。


新曲「生きろ」
とても力強くて心が震えました。
4人が中央に集まって、視線を合わせて始まるところ。うなずく小山さん。
そんな姿が見られたことにホッとして。だけど涙はもう出なくて。
小山さんが、NEWSが、そこにいてくれることがただただ嬉しかった。

そして何とまぁ、歌詞が響くこと。
「たとえ0からだって終わりじゃないさ」
0からだったとしても、マイナスからだったとしても、終わらせたくない。
歩き出してくれるんだったら、私だってついていくよ。
ヒロイズムさん、いつも素敵な曲をありがとうございます。



そしてジャニーズシャッフルメドレー。
ここからはもう、通常のテンションに戻りました。えぇ、それはもう今までが嘘のように。

何でかって?私の大好きな小山さんが見られたからです。

だって、小山さんの笑顔が見られたんです。
もう1度言いましょう。小山さんの優しい笑顔が見られたんです。

提供バックで見えにくかったけど、それでもふわっと笑っているようだった。
曲中も笑顔で踊っていて、楽しそうで、嬉しかった。
わたし、小山さんの笑った時に出来る目尻のシワ担だから、これからも変わらない笑顔見せて~(BGMはNow and Forever by舞闘冠


しかも、それだけじゃないんです。
小山さんのダンスが見られたんです。しかもキレッキレ。
もう1度言いましょう。キレッキレのダンスしてるんです。

そこからはもう、小山さん。ダンス。キレッキレ。好き。
と、片言のように繰り返すロボットと化した私(落ち着こう)
わたし、ガシガシ踊る小山担だから、変な所から声を発してしまったようで喉が痛いです。しかもまだ引きずってる。
体感5分くらい踊ってたと思うんだけど、録画見返してみたらそんなに無かったね、びっくりー(棒読み)




ここ最近疲れてしまっていたんだ。トゲトゲした言葉を見てしまうことに。人間なんだし、様々な意見があるのはわかってる。
でも、自他共に認める(?)平和主義者だから、どうして他人に対してそんなに暴言吐けるんだろうって思うこともある。
本当かどうかもわからないことで騒いだり、いつのだよって思うような話を持ち出してきたり、バカじゃないのって思うこともある。
許せないけれど、何もできない自分に苛立つこともある。
自分の考え方がの方がおかしくて、人に何か言われるんじゃないかって思って、発言するのが怖くなったこともあった。
今なら、お前のことなんて誰も見てないわ!ってセルフツッコミ出来るんですけどね。笑
でも、芸能人ってそういう恐怖の中で生きてるのかなぁって思ったら、無性に悲しくなってしまったよ。


ネット環境が発達して、嫌なものもたくさん見えてきてしまうようになったけれど、それが全てじゃないってこともわかった。
見ないようにすれば見えてこないってこともわかった。
だから、誰かの思いと比べたりせず、自分が持っているNEWSが大好き、小山さんが大好き、って気持ちを大切にしようと思う。
嫌なところを見つけるより、好きなところを見てた方が楽しいもの。
誰かが何か言ってたって、そんなの私の知ったこっちゃない。
だって、何か言いたいだけの人は誰に対しても文句を言うってこと、今までの経験上知ってるから。
誰かを叩くことがストレス発散になっているような人はきっとどこまでいってもいなくならない。
もちろん、そういう人ばかりでないってこともわかっているつもりだけど。

私は私の好きな人たちを応援していくためにこれからも生きる!それだけ。これは私の勝手だからさ。


KちゃんNEWSで、「ファンの皆さんのために」なんてこと言ってくれたけど、そんな風に思う必要ないのになぁって思うよ、私はね。
小山さんが元気で、笑顔でいてくれたらそれだけでいい。だから小山さんも自分のために生きてね。

まだまだ不安なこともあるけれど今はとりあえず。
小山さん、おかえり!!戻ってきてくれてありがとう。



追伸。BLUEオリコン1位おめでとうございます!!
カップリング曲もかっこいいよ~。
私のおきにいりは『Cascade』です。小山さんの歌い方が好き!以上!!


BLUE(通常盤)

BLUE(通常盤)

泣きたくなったら笑ってみよう

自分の意見を押し付けたくないし、誰かに押し付けられたくもない。
これが私のスタンスだと昨年、ここに書いた。
それは今でも変わらない。自分の意見が正しいなんて思わない。切なくなってしまうような、心ない言葉も溢れているけれど、それを見るのは怖いけれど、仕方ない。だって、世の中には色々な人がいて、様々な考え方があるのだから。



私は気持ちがぐちゃぐちゃで、頭の中もまとまってない。やっと落ち着いて、無理やり元気出そうとしてるけど、まぁ難しい。ワイドショー見て色々と思うことはあって、他の人の意見も見てまた落ち込んで、だけど変わらなかった思いもある。



私は小山さんのことが好きで、NEWSが大好き。

こんなことになってるのに、恥ずかしげもなくよく言えるな、と思う人もいるかもしれない。


それでも、言うよ。
小山さんのいるNEWSだから好きになった。NEWSの小山さんだから好きになった。
たくさんの幸せをくれた。その事実は揺るがない。無かったことに出来るほど、私にとって小さな存在じゃなかった。甘いと言われるかもしれないけど、嫌いになれないんだよ。そういう人だっているんだよ。好きだって思うくらいは自由にさせてほしい。


歌声を聴くだけで幸せな気持ちになれた。
一緒に頑張ろうって言ってくれたから頑張れた。
嫌なこと忘れようって言ってくれたから、ほんの一時でも辛いことは忘れられた。
たくさんの優しい言葉に救われてきた。
小山さんがいたから笑っていられたんだよ。


だって大好きなんだもん、仕方ないじゃん。
こんな時なのに、ワイドショーでライブ映像が流れると「うわ、かっこいい…」ってなってるし、ファンサしてるとこ流れたら「笑顔が天使…」って思っちゃってるよ。ファンって馬鹿だね!私だけですかそうですか、一緒にしてごめんなさい!!




(ちょっと取り乱してしまったので深呼吸する)




どうしてこんなことになってしまったんだろう。
何でこんなに苦しいんだろう。それが自分の中でぐるぐる回っていて、答えなんか出ない。

せっかくの15周年だったのに悔しいって気持ちと、15周年だったからこそ狙われてしまったのだというやるせない気持ちと、何やってるんだよって悲しい気持ちと、色々な人に対して申し訳ない気持ちと、大好きな人の笑顔がまた見られるんだろうかという不安な気持ちと、今ゆっくり過ごせているだろうかという心配する気持ちと、もうチャラいのが好きとか髪色明るくしてほしいなんて言ったら不謹慎かなとか切なくなる気持ちと…。


どうしていつもこうなんだろうという気持ち。
情けないけれど、未成年とお酒っていうのは私にとってトラウマで、大好きになったグループがここまでの人数になってしまったことの始まりだった。あの時とは状況が違うけれど。
気を付けなければいけなかったはずなのに。忘れてないはずなのに。これから見られるはずだったものが全て崩れさるこの感覚。こんな気持ち、思い出したくなんてなかった。


でもね、知ってた。小山さんがチャラい(今回はこの言葉に色々な意味を込める)、ってこと。
でも、変わってないなんて呆れられる程、私は彼のことを知らない。だけど、アイドルとして、キャスターとして、その面ではちゃんと変わっていたと思う。見えない部分まで求めたくなかったよ、私はね。
お酒を飲むのは悪いことじゃないし、盛り上げるのも悪くない。騒ぐことなんかじゃなかった。だからこそ悔しい。こんなに悪意に満ち溢れた世界にさらされているんだと知ってしまったことがただ悲しい。


少し前から(本当は少しではなく幾度もあったけど)、彼に対するバッシングが目に余るようになった。
何かにつけて悪く言われるようになって、何か言ったら「今さら」、言わなかったら「スルーするな」
なんて理不尽。馬鹿馬鹿しい。
どうしていつも悪者にされてしまうの?本当に彼だけが悪いの?裏切られたなんて、そんなの知るか。勝手に好きになったくせに勝手に理想を押し付けて勝手に幻滅して。世の中なんて勝手なことばっかり。

だけど、こんなこと言ってる自分もだいぶ勝手なんだよね。もちろん責任転嫁するつもりはないし、今回の件は多くの人に迷惑をかけてしまった訳だから庇うようなことも言えないし、そもそも当事者でもないのに擁護したり無責任なことは言えない。でも、裏切られたとは思えない。反省しろなんて偉そうなことも言えない。そんな気分。

起こってしまったことはどうにもならない。でもきっと、今までの仕事に対する真摯な姿勢を近くで見てきた方々なら、わかってくれているはず。周りに愛されてるんだなぁと感じる部分だってちゃんとあったから。そう信じてるから。今は自分たちも出来ることをするしかない。




こんな時だけど働きすぎだったから、ゆっくり休んでくれてるといいな。自分って馬鹿だなぁと思うけれど、色々な好きの形があって良いよね。
もしかしたら、この世界に嫌気がさしているかもしれないけれど、彼の姿なんて見たくないと思う人もいるかもしれないけれど、それでも、戻ってきてまた笑顔を見せてほしい、と願ってしまう感情を許してもらえるかな。


あぁ、また泣きそうになってきた!
泣きたくなったら笑ってみよう、とか、笑え苦しい時こそ、とか歌ってくれるけど、涙は今流してしまえ、とか、流した涙は無駄にならないよ、とかもうどうしたらいいんだよもう!(パニック)


ということで、私は元気です。
4人のNEWSに会える日を楽しみにしています。

君が笑って過ごすことが僕のプライオリティ

小山慶一郎さま。
お誕生日おめでとうございます。
34歳となった小山さんのことも、今までと変わらず応援させてください。
この1年も、小山さんの周りが幸せで溢れますように。。。




小山さんのことを好きになってから、何でこの人のことを好きになったのだろう、とふと考えてしまうことがある。
考えているうちに、自分に無いものを沢山持っているからなのでは…?という結論に行きついた。

私の好きになった小山さんは、スタイルが良くて顔も抜群に良くて声が素敵で(褒め過ぎとのツッコミは受け付けませんw)、茶髪でチャラいお兄さんだった。そんな彼は、地味で暗い学生生活を送っていた自分とは正反対で、とても眩しかった。キラキラ輝いていて、アイドルって凄いなぁって漠然と思ってた。
思い出すのも辛いくらい嫌なことばかりの毎日だったけれど、どんなに辛くても家に帰ってドル誌を見て、小山さんが笑っている写真を見るだけで、インタビューを読むだけで、嫌なこと忘れられたし、楽しい気持ちになれたんだ。これは大げさに言っているのではなくて、本当に、少年倶楽部とか、毎月のドル誌とか、そういうものがあったから、これからもこの人を、NEWSを見るためには、頑張って生きなきゃって思えた。


小山さんは社交性オバケで、それはそれはもう私なんかとは天と地ほどの差があるくらい人に好かれる能力を持ってる。
少年倶楽部プレミアムの上海ロケ回で、道行く人と触れ合ったり、番組司会の方とタッチしているのを見て、短時間で相手と打ち解けられるのが凄いと思った。他にも、NEWSな2人のパン屋さん回でレジェンドの方に気に入られてたり、every.で取材した方と交流が続いていたり。人の良さはもちろんのこと、ノリだとか、周りの人を気遣えて合わせることが出来るからこそ、好かれるのだろう。
増田さんが小山さんのことを「スポンジみたい」って表現していたけど*1、上手い例えだなぁと思う。周りの意見を聞いて、吸収して、決して否定しないのに自分の意見も伝えることが出来る。これって難しいことだし、生きていく上でとても重宝される能力だと思う。

メンバー(主に手越さんw)にイタズラされるのだって愛されてる証拠だし、それに対して怒らず笑って許しちゃうようなところも、メンバーが大好きだって気持ちが態度から伝わってきて素敵だなぁ。メンバーが大好き!なんて、恥ずかしくて言えないようなこともちゃんと言葉にして伝えられるのだって凄いことだと思うよ。
イジられキャラなところもそうだし、優しい人だってことが色々な面から伝わってくる。悪口を言わないなんて愚痴だらけの人間からしたらあまりにも眩しすぎる。人に優しくない人は嫌いだっていうのも、メンバーが楽しければいい、自分は1番じゃなくていいなんて言えるのも、自分よりも相手のことを考えられる思考も、全部ひっくるめて尊敬してて、それはもう人間性を尊敬してるんだろうなって思える(壮大な話になってきた)。だって、自分が同じ立場でそんな風に言えるか考えてみたら難しいと思うもん。特に芸能界なんて、自分が1番って思ってなきゃ生き残れ無さそうだし(偏見)



でもさ、自分と違うから惹かれていただけじゃなかったんだ。

私は周りを気にしてばっかりで弱くて、劣等感の塊だから、小山さんが弱音を吐くと、胸が痛くなる。共感なのかなんなのかわからないけど、泣きたくなる。こんなにキラキラしていて、たくさんの人が好きだと言ってくれるのに、それでも不安になってしまうんだ、って。それと同時に、違う世界に生きているけれど、同じ人間なんだということを思い出させてくれる。持っていないものを沢山持っているから惹かれるだけじゃない。自分と同じように弱くて、劣等感もあって、それをさらけ出してくれるところも好きなんだなぁって、今なら思える。

歌うことが不安だという言葉とか、下手でも頑張る、歌が上手くなりたい、とか、弱いと思われるかもしれないけど、決してそれで終わらず、前向きな姿勢がある。
でもこれだけは確実に言いたい。歌って上手さが全てじゃないからね。私は小山さんの声が好きだし、歌い方が好きだよ。もちろん上手いに越したことはないのだろうし、今後のためにも努力を続けるのは必要だけど。それでも、上手いの定義もわからないようなド素人が偉そうに褒めることは出来ないからこんな言い方になってしまうけれど、聴けば聴くほど歌声を好きになっていくよ。贔屓目があるのかもしれないけど、4人で歌っているときでも、小山さんの声が良く聞こえると感じたもの。


心が強い方ではないので押しつぶされそうな時もあるがファンの顔を見て安心した*2
なんて言われたら、嬉しいに決まっているじゃない。こちらが支えられているのと同じように、ファンが支えになってくれているのだったらとてつもなく嬉しい。
昨年のツアーで、「支えられてます」ってうちわ作ろうとしたものの、さすがに重いかなと思って断念したのだけど、今年やっぱり作ろうかな~と考え中のやはり重い私w


「弱さという強さを手にして」
最新アルバム『EPCOTIA』収録の『イノセンス』の歌詞にもあるように、弱みを見せられることも強さだと思う。だって、弱い部分を見せるなんて恥ずかしいもの。無駄なプライドが邪魔をして、助けを求められないことが幾度となくあったからわかる。弱さを持ってる人は、他人の痛みに気づけるから強い、ってどこかの誰かが言ってたよ。
周りにどう思われているかとか、評価だとか、そんなものばっかり気にして、息苦しくなることの多い自分にとっては、ソロラジオでの発言も心に響いたんだ。「10人がいて10人に好かれようと思ってない」だなんて、私はそんな風に思えないよ、どうしてこんなに強くいられるの、って思ったけど、これだって強いからじゃなくて、弱さがあったからこそ言えたんだろうなぁ。この考え方に行きつくまでに、きっと迷ったり、悩んだりしてきたんだろう。色々な経験をした上で、心を強く持つために言い聞かせているのかもしれない。こんなの勝手な憶測でしかないのに、好きが溢れてきてしまう。

小山さんは、いつも欲しいと思っていた言葉をくれる。辛い時には寄り添ってくれる。
それって、色々な経験をして、辛い思いもしてきたから、どんな言葉が人に勇気を与えるか、知ってるから出来ることなんじゃないかな。
メンバー愛での「今週も一緒に頑張ろうね」という言葉。「一緒に」という言葉にどれだけ救われたか。憂鬱な月曜日の帰り道がどれだけ明るく照らされたか。伝わってほしいなぁ。
ライブでの、「嫌なこと忘れようぜ」とか、「明日からまた頑張ろう」とか、この言葉たちがどれだけのパワーをくれているか。伝わって欲しいなぁ。


勝手なことばかり言ってしまったけど、結局は受け取る側の感じ方でしかなくて、どんな思いで表に立っているのか本当のところはわかるはずもない。自分たちには見えなくても、沢山辛い思いとか理不尽な思いをしているんだろう。好意だけでなく、多くの悪意にもさらされているんだろう。
それでも、小山さんはアイドルでいてくれて、NEWSでいてくれる。それだけでじゅうぶん。そのおかげで、救われた人がいるんだよ。こんなに言っても、きっと伝わらないだろうけど、沢山の幸せをくれた分、幸せになって欲しい。だから、33歳が幸せだったと言ってくれて*3嬉しかったよ。

もし、ほんの少しでも、ただのファンが幸せをあげられるのなら、全力で応援したい。求めてくれるなら、大好きだよ!!って声を大にして伝えたい。まぁ、求められなくても勝手に言ってますが!



まとまりないし長いし重くなってしまったけれど、最初に戻ります。


小山慶一郎さま。
お誕生日おめでとうございます。
今年も幸せな1年となりますように。



*1:TVガイドPerson他

*2:EPCOTIA広島公演レポで知ったのでニュアンス

*3:これも広島公演のレポで見て泣いた

EPCOTIA~宇宙旅行に行ってみました

NEWS ニューアルバム『EPCOTIA』

発売おめでとうございます~~!!

今回のテーマは「宇宙旅行」ですって。
なんてこった今年のテーマも壮大!!
さすがファンタスティック4。期待を大きく超えてくるじゃん…好き


夢の国に連れて行ってくれたと思ったら、今度は宇宙に連れて行ってくれるんだよ??
NEWSを応援してると色々なところに行けて良いね。飽きる事ないね!!


前作の『NEVERLAND』の世界観を引き継ぐアルバムプロジェクトの第2弾とのこと。
次までも期待させてくれる粋なプロジェクト~~!!

Wは世界をテーマに飛び回ってくれないかな。
ガンジスのほとりで出会ってるくらいだから、いつか北極でも出会っちゃうんじゃないかと思ってる(誰に)

そしてSは季節なんかどうでしょう!四季折々の曲も既にたくさんあるし!!
妖精みたいにさ、杖か何か振って季節を変えるNEWSが見たいの!!
ほら、ゼルダの伝説大地の章みたいな!!(古い)
※こっちは結構本気



さて、勝手な妄想は置いておいて、今回の『EPCOTIA』

ガイドが!NEWSな2人!!(まずこれ)
セルティ*1が喋ってるように聞こえる…ゴホン


話が逸れそうなので戻そう。



ファーストコンタクトはハッキリ言ってまずまず。(何様だろうね、ごめんなさい)

これは好みの問題なのです。

発売中の『CD Journal』でも本人たちも言っていますが、ジャニーズっぽくない曲がある。
そう、これがファーストコンタクトでは歩み寄れなかった。
音楽はずーーっとキラキラ王道これぞアイドル!って感じのものが好きで、
ラップとかヒップホップ系?(そもそもジャンルのくくりもわかってない)を通ってこなかったから。
しっくりこないのも仕方ないのかな。


いつも初めてアルバムを聴くときには、タイトルを見ず、もちろん制作陣も見ず、
まっさらな気持ちでイントロを聴いてみて、これだ!!って決めてから詳しく見ています。

第一印象でのダントツ1位は『イノセンス』でした。
爽やかばんざい。


でもね、これじゃ終わらない

だってNEWSだもん(意味不明)
宇宙旅行2回目行ってみましょう。



あれ?この曲もいいぞ??


そう、好きな曲が増えていくわけです。




単純~~!!




そもそもNEWSの何が好きかって、声なんですよ。
INTERで現れる声とかめちゃめちゃ好みすぎてずっと聞いてたい。
ナレーションとかしてほしい。

というわけで、全曲通してリピートするうちにどんどん好きになっていくアルバムだったという話です。

私の狭い世界を広げてくれてありがとう(重い)


というかさ、ジャニーズっぽくない曲も歌えるって凄いじゃん!!
振り幅の広さよ。

(前述した『CD Journal』で色々と詳しいお話が聴けるのでオススメです。)


今の私、聴けば聴くほど『AVALON』が好きになり過ぎて困ってます。
サビ前の「花開くアヴァロン」の歌い方。
「アヴァロン」ってとこの歌い方優しくてよくないですか!?うまく言えないけど!!


『EPCOTIA』の小山さん低音にシビれ、
恋する惑星』の歌い出しの可愛さにトキメキ、
『JUMP AROUND』の小山さん低音にシビれ(またかよ)、
『UFO』のずっときみが欲っしいんだよにぶっ倒れました(大丈夫か)



そして、
小山さんのソロ曲。

『銀座ラプソディ』作詞:コヤマP

って見られたのが、とても嬉しかったです。

私は2人で歌う姿を見ることは出来なかったけれど。
ロメオの時みたいに、こうして残してくれるのが嬉しいなぁ。
ギラギラした衣装のチャラい小山さんも好きだけど。
今の小山さんがどんな風に歌ってくれるのか、ワクワクする。


もうすぐツアーも始まるし、楽しみだなぁ。
それまでにアルバムを聴き込んで、バッチリ予習しておきますね!!


CDJournal2018年4月号 (CDジャーナル)

CDJournal2018年4月号 (CDジャーナル)

*1:デュラララ